コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

熱中症

みなさん、こんにちは
暑い日が続いていますね!

今日は熱中症について勉強していきたいと思います(^o^)

熱中症は3段階に分けられます

<1>軽 度  足、腕、腹部の筋肉のけいれん(こむら返り)、立ちくらみ
<2>中等度 激しい喉の渇き、脱力感、頭痛、吐き気、めまい
<3>重 度  発刊停止、手足の震え、身体のひきつり、意識障害

それぞれの対応としては、
<1>の場合は涼しい場所に避難し、首筋や脇の下、太ももの付け根に冷たいペットボトルなどを当てて体を冷やし、スポーツドリンクなどで水分を補給します。
<2><3>の状態になったら、速やかに救急車を呼びましょう。


また「熱中症」はただひとつの症状ではなく、以下の「熱疲労」「熱けいれん」「熱失神」「熱射病(日射病)」の4つの症状を総称して「熱中症」と呼んでいます。

「熱疲労」:水分不足による脱水症状と血圧の低下の急激な進行によって、頭痛やめまい、吐き気や脱力感などを生じる症状です。

「熱けいれん」:汗を大量にかいた後に水ばかり飲んで、塩分の補給をしなかった場合に起こりやすい症状です。塩分やミネラルを多く必要とするお腹やふくらはぎの筋肉が、場合によっては痛みを伴い、強くけいれんします。

「熱失神」:直射日光下の野外や高温多湿の室内などで長時間活動していた場合に、末梢血管の拡張によって血圧が下がり、めまいを起こしたり失神したりします。

「熱射病(日射病)」:死亡率が高く、病院で緊急の手当てを要する症状です。体温調節のための中枢機能そのものが麻痺してしまうため、体温が40℃以上に上昇し、発汗もみられなくなり、また吐き気や頭痛・言動がおかしくなったり、意識を失ったりします。

知識をしっかり入れておいて、万が一の時にも対応できるようにしていきましょう!
なにより、予防が大事です!
気持ちよく楽しく夏を過ごしましょう♪


ちなみに

クエン酸やビタミン類、コラーゲンなども入っているドリンク
からだ燃えるのお得な期間は8月10日までとなっております☆

001_20140518154310c5c.jpg


熱中症対策の水分補給にいかがでしょうか?
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
インフォメーション
福山市東手城町にあるスポーツクラブです
エアロビクス・ダンス・ヨガ・ピラティス・バレエ・ラディカルプログラム・レスミルズプログラムなどなど…
週130本以上の多彩なプログラム♪
見学いつでもOK!
ワンコイン体験はお問い合わせください

電話番号084-940-5100

スタッフ一同、お待ちしております!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
ようこそ♪
リンク
QRコード
このブログは携帯からもご覧になれます!
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。